トーチラン

トーチラン概要

8月27日(土)午後1時、分火式〜トーチランに大きな声援を!

「2012年第5回スペシャルオリンピックス日本冬季ナショナルゲーム・福島」の開催にあたり、2011年8月27日(土)午後1時より、聖火の採火式、分火式、トーチラン(聖火リレー)を開催いたします。採火式(正午~磐椅神社)は関係者のみの参加となりますが、分火式(午後1時~土津神社)はどなたでもご覧になれます。そして午後2時より土津神社をスタート地点に、トーチラン(聖火リレー)がスタート!猪苗代町内のコース(約2.5キロ、右記参照)を多くのアスリートが駆け巡ります。ぜひ大きな声援をお送りください!またゴールとなるカメリーナではゴールイベントも開催!ぜひご家族でご参加ください。

トーチラン(聖火リレー)の開催に合わせ、安全確保のため8月27日(土)当日の該当コース・時間に交通規制を行わせていただく予定です。アスリートが走り終えた箇所から順次交通規制は解除される予定ですので、皆さまのご協力をいただけますようお願い申し上げます。

スタート
分火式 13:00~ 土津神社
トーチラン 14:00~ 土津神社→カメリーナ
ゴール
ゴールイベント 15~16:00頃 カメリーナ

スペシャルオリンピックス日本ナショナルゲームにおけるトーチランとは

トーチランの様子

オリンピックでは聖火を灯すシーンをよく見ますが、スペシャルオリンピックス日本ナショナルゲームでは、トーチラン(聖火リレー)を行います。夏季・冬季大会の開催地区の由緒正しい場所で火を熾す「採火式」を実施し、全国から集まった地区組織の代表達と、その新聖なる火を持ち帰る「分火式」が執り行われます。火は全国に持ち帰られ、各地区でSOの広報やナショナルゲームのPRの為、その火を片手にアスリートたちが駆け巡るトーチランが各県で開催されます。ナショナルゲーム当日の開会式では、全国に散った火がまた開催地で一つになり、全国から集まったアスリートが見守る中、最後のトーチラン「ファイナルレグ」をむかえます。その火は大会期間中、アスリートの活躍と参加する全ての方の、安全を見守ってくれています。

ページの先頭へ