大会概要

ごあいさつ

大会実行委員長 佐久間 啓

この度の東日本大震災におきまして被害を受けられた皆様、そのご家族様に心からお見舞い申し上げます。
私達は、昨年の10月にナショナルゲームの開催地の打診を受けてから、福島の中ではまだまだ知られていない本大会へのご協力とご理解の為に関係機関へ訪問させて頂いていました。今年1月に実行委員会を設立し、4月にはチャリティパーティーを企画し、これから皆さんに大会概要や関連する様々なご案内を送る準備をしている矢先に東日本大震災が起こりました。
このような状況の福島で「2012年第5回SON冬季ナショナルゲーム・福島」を開催する意義について、そして何より参加してくださる皆様の安全性について、3月よりSONと協議して参りました。その結果、この6月に改めてSONより「SOの仲間として大会に参加する事で福島を支援したい」というアンケートへの温かい励ましの言葉と共に、福島開催の決定を受けました。
私達は、この困難の中でもスポーツをする前向きさと勇気、支えあう仲間がいることに誇りを感じ、とても勇気づけられました。今回被災した福島の地で、皆さんが一生懸命競技に励む姿やたくさんの勇気と笑顔をみせて下さることは、福島県民だけでなく、多くの人々に元気を与えることでしょう。
「心強く、心豊かに、心ひとつに、心うつくしまふくしま」のテーマのもと、心に残る大会にしたいと思います。
是非多くの皆様のご参加、ご支援、ご協力をお願い申し上げます。

平成23年6月吉日

ページの先頭へ